名刺の大きさは標準サイズ?

普段から見かけることの多い名刺を見てみると、サイズが一定になっていることに気が付くでしょう。 様々な大きさを使っていってもいいはずの名刺なのですが、標準サイズといわれるものでほぼ落ち着いてしまいます。

名刺の大きさは標準サイズ?

日本では名刺のサイズは91ミリ×55ミリであり、欧米は89ミリ×51ミリが標準サイズなのです。
このサイズというのは、ある法則に基づいているものになります。

比率を考えるうえで、最も美しく魅せることができる比率を黄金比と呼んでいます。
難解で細かな計算が存在するのですが、おおむね10.618という比率と考えていいでしょう。
誤差はあるものの、名刺の標準サイズは黄金比に近いサイズになっているのです。
それだけ美しく魅せることができる、完成された大きさだといえるでしょう。
例外的に、水商売の場合には、名刺入れの中で目立ちわかりやすいように小さなサイズで角を丸めたものを使ったりしますが、ほとんどは標準サイズで作っていると考えていいでしょう。

この標準サイズを利用した名刺というのもあります。
それが二つ折りの名刺です。
2つ分をつなげることによって、多くの情報を盛り込むことができるようになるのです。
つなぎ方も長辺と短辺をつなぐ2種類存在します。
どちらも多くの情報を盛り込むことができ、ふたを開けるという行為に近くなり、より相手に印象を植え付けることができます。

しかし、それだけ厚くなってしまうため、一般的なビジネスの場では敬遠されていることも覚えておくべきでしょう。

名刺を作る時に気にしなければいけない評判

名刺を作るということは、自分の顔代わりのものを作ることになりますし、会社としても看板を作ることになるといえるでしょう。 しっかりとしたものを作らなければならず、適当に済ますことができないものであるといえるのです。

名刺に入れなければいけない必要事項

名刺というものの機能は、自分という存在や所属する会社を認知してもらい、必要とあれば連絡をしてもらうということになってきます。 そのために、営業品目を記載したり、メールアドレスを入れたりしていくことになるのです。

Copyright(c) 2014 名刺とは顔であり会社の看板である。